2018年11月27日

関東リーガスチューデント順位戦

関東リーガスチューデントのファイナルラウンドが鹿島ハイツで行われ、勝ち点4のTOKIWAは33〜35位決定戦に参加した。
TOKIWA 0-9 東京女子体育大
 大学3部リーグに所属しているのが信じられないほどのスピードとテクニックに翻弄される。
TOKIWA 2-1 大和高校
 終始押し気味で試合を進めたが、いつも通り後半に足が止まり無失点で終われなかったのは残念。
今年も関東の強豪チーム、特に大学生と真剣勝負ができ、素晴らしい経験をさせていただきました。運営に携わっていただいた皆様ありがとうございました。
posted by なでしこトキワ at 14:37| 最新情報

2018年11月14日

関東大会1回戦

関東大会が埼玉県の尚美学園大学で行われた。相手は公式戦では初対戦となる宇都宮文星女子高。関東1勝の悲願は達成できるか。
TOKIWA 1(0-1)4 宇都宮文星女子
(1-3)
得点:黒澤
 序盤から押し込まれるものの、積極的な守備で相手を自由にさせず無失点で前半を終えるかと思われたが、37分にクリアミスからの一瞬の隙をつかれ失点し、0-1で前半を終える。後半も我慢の時間が続いたが、後半23分、S平沢の個人技のスルーパスに反応したF黒澤がGKをかわしてゴールし追いつく。しかし反撃もここまでで、その3分後にコーナーキックを頭で合わせられ失点すると、相手のサイド攻撃に対応できずさらに2失点を喫し、1−4で試合終了。関東1勝は来年に持ち越しとなった。
posted by なでしこトキワ at 10:54| 最新情報

2018年11月05日

県リーグ最終節

6チーム総当たりで行われている県リーグ1部。現在5位と降格争いをしている本校の相手は現在6位のつくばFCガールズである。お互いに1部残留のためにも絶対負けられない試合となった。
TOKIWA 2(1-0)0 つくばFCガールズ
(1-0)
得点:黒澤、OG
 開始3分に黒澤がワンチャンスをものにして1-0とたものの、その後は相手の素早い寄せに苦しみミスを連発。ボールを持ったときの判断が遅く、苦し紛れの突破やパスで簡単にボールを失ってしまう。中盤の球際でのバトルでも逃げ腰のプレーが目立ち、マイボールにできないが、最終ラインとGKのところでしっかり跳ね返しゴールを死守。後半は相手の運動量が落ちてきたことと、交代で入った選手がしっかり仕事をしたことで無失点で終えることができた。しかし、攻撃面ではシュートまで行く機会が少なく、仕掛けること、走ること、やりきることに関しては不満が残る内容となった。
 この結果をもちまして、本年度の県リーグは2勝1分け4敗で5位が確定し、2部への自動降格は逃れました。しかし、関東リーグにいる筑波大とEIKO FCが県リーグに落ちてくれば2部降格もありますので、後は落ちてこないことを祈るしかありません。いよいよ今週末は関東大会です。県代表の誇りを忘れず、しっかり戦います。
posted by なでしこトキワ at 14:25| 最新情報