2019年06月09日

関東リーガ第3節

関東リーガスチューデント第3節を上武大学を相手に戦って参りました。新しく完成した常磐大学人工芝グラウンドでの初めての試合となりました。
TOKIWA 1(0-7) 14 上武大学
  (1-7)
得点:粟野
 相手は横幅が狭いグラウンドでも長短を織り交ぜたパスでグラウンドを広く使うことでできたDFラインのほころびをチャンスにつなげていました。ダイレクトを多用したパス回しもさることながら、パス回しにかかわらない選手も休まずスプリントを繰り返し常磐の守備陣はついていくことができませんでした。失点が多く反省すべき点は多いのですが、相手チームのような基礎技術の徹底、ボールの受け方、連動性は目標とすべきものであり、素晴らしいサッカーを同じピッチで体感できて有意義な試合となりました。
posted by なでしこトキワ at 08:49| 最新情報